大学院生

”境界線”という出会いの場 ー修了制作ー

金沢の中心市街地は、高層ビル街や伝統的な町並みなどが断片的に存在します。

その断片化された場所の一つを、建築でつなぎ、にぎわいを創り出すという提案です。

境界といえるその場所を、"境界線”をモチーフに明確にデザインすることで逆に、出会いの象徴的空間をつくりだします。